葬儀にかかる費用について紹介
葬儀はどれくらいの費用がかかるの?

葬儀の費用相場

葬儀の費用相場ですが、一般葬だとどれくらいの費用がかかるのでしょうか。一般葬はもっともオーソドックスな葬儀の形で、このタイプを選択する方は多です。お通夜と告別式を行う葬儀で、会葬者を遺族や親族に限定することなく葬儀を行えるのが魅力です。お通夜の翌日に告別式が行われます。

葬儀にかかる平均費用は、全国で約196万円です。通夜の飲食接待費が約30.6万円、寺院への費用が約47.3万円です。葬儀一式費用は約121.4万円で、合計の196万円が葬儀費用の相場となっています。家族の葬儀で困ったことでもっとも多いのは、心付けやお布施の額、通夜や告別式の接待の仕方、手配の仕方、そして葬儀の手順が挙げられています。ですから、こうした流れを知っておくとスムーズに葬儀が行えるでしょう。

一般葬は参列者へのおもてなしがあるので、金額が高くなります。料理や品物のランクによっても金額は異なりますが、広い会場で葬儀を行うのが特徴です。そのため、一般葬の平均費用は高くなります。一般葬は参加する人が50人や100人、400人と様々です。参列する人が多いとそれだけ金額も高くなります。一方、家族葬や火葬は告別式を行わないシンプルな葬儀で費用を抑えることができます。

ページの先頭へ戻る